ジム内設備

男子更衣室
女子更衣室
   *シャワールーム(ガス給湯)、エアコン完備
洋式水洗トイレ(ウォシュレット、便座クリーナー追加。2016.02)
冷水機
縄跳び 大中小サイズ x2ずつ

サンドバッグ

    大サイズ    ×2
    小サイズ    ×4
パンチングボール    ×2
ほか 共用グローブ(男女別)、スパーリング用備品、腹筋台、懸垂台、サイクリングマシンなど あります。
※当ジムのボクシング用備品はすべて国産「ウイニング社製」のものを採用しています。
 日本が誇る世界的ボクシングブランドを是非体感してください。
プロジム以上の広さを誇る4.5m四方のリングは当ジムの自慢です!

ボクシング旅行記

…会員様ほかからご提供いただいた、ボクシング関係の写真を掲載しています。

Vol.1 メキシコ旅行 (2015年末)

WBC本部の写真と、名門ロマンサジムです。

世界のWBC本部の建屋って、外観がほぼ民家ですね^^;

ロマンサジムでは、年末年始にもかかわらず、多くの選手が練習していました。

26人の世界チャンピオンを育てた、名トレーナー:イグナシオ・”ナチョ”・ベリスタイン氏からサインをいただきました。


Vol.2 韓国旅行 (2016.05)

最近、韓国ではボクシング人気が低調のようですが、全盛期の世界チャンピオンらが現在ではジムを経営されていました。

 

最初の5枚は、張正九(チャン・ジョング)氏(元WBC:Jrフライ級チャンピオン[15回防衛の名チャンピオン])と、氏の運営されるボクシングジムです。

次の5枚は、柳明佑(ユ・ミョンウ)氏(元WBA:Jrフライ級チャンピオン[17回防衛の名チャンピオン!])と、氏の運営されるジムと関係ジムです。


Vol.3 ガーナ旅行(2007年)

 過去の旅行でガーナを訪ねた際の写真です

 完全に屋外が練習場であったり、学校の授業でボクシングが行われていたり、ボクシングとともにテコンドーも行われていたり、色々と斬新でした。


Vol.4 タイ旅行(2009年)

 こちらも過去の旅行で、ムエタイ・ボクシングジムを見学された会員様から写真をいただきました。

 屋外吹き抜けの建屋が印象的ですね。

 海外から修行をしに来られた方から女性までたくさんの方が練習されています。

 当時はまだ現役の選手や著名な選手などもありますが、ボクシングファンなら誰かわかるはず!?


Vol.5 ラスベガス旅行(2017年年始)

 2016年末からラスベガス旅行に行った会員さんからいただいた写真です!

上から、「Mayweather gym」、「Fernando Vargas gym」、「Johnny Tocco's gym」です。

マイク・タイソン元ヘビー級チャンピオンのサイン会にも参加され、著名な選手、トレーナーと会ってきたというのは大変うらやましいです!

それにしても、ラスベガスではリングが2つあるのが標準らしく、建屋の敷地も日本のジムとは比べられないほど広いところが多い、ということが驚きでした。

「Mayweather gym」

 

「Fernando Vargas gym」

 

「Johnny Tocco's gym」

 

「Roy Jones gym」 2017.03.28追加!

ラスベガス旅行時こちらにも訪問されたとのことです^^